• 求人媒体の種類について

    求人媒体として一昔前までは紙が主流でしたが、昨今ではインターネットによるWEB媒体での求人が増えています。
    では紙とWEBを比較して求人媒体としてどちらが優れているのでしょうか?紙は募集を決めてから全体の内容の原稿を担当内で調整し、内容が決定したら出版の依頼を出します。

    そして出版の依頼を受けてから実際に印刷完了するまで早くても数日はかかるでしょう。
    その後、印刷が完了すると印刷物が手元に届きますので、その紙をしかるべき所に置いておくなり配るなりするのです。

    この工程を見ていただくと、どう考えてもWEBの方が時間がかからないで広告を掲載できるのが分かると思います。


    その気になれば全体の内容の原稿が担当内で決定すれば、その日のうちにでもWEB広告が完了するでしょう。

    では、スピードでは圧倒的にWEBのほうが有利でした。

    次にコスト面ではどうでしょうか?紙は印刷代と郵送代と場合によっては配布するための費用が必要となります。

    求人媒体関する便利な情報が満載です。

    一方、WEBの場合は、インターネット上の広告スペースを利用する費用のみです。
    こちらの費用はどこに広告を載せるかによって大きく異なってくるので値段の高い低いは一概に比較することは出来ません。では、運用性についてはどうでしょうか?例えば、掲載内容について一部変更が必要となった場合、紙だともう一度ゼロからやり直さなければならないでしょう。
    しかし、WEBの場合は、修正したい部分のデータを少し変えて再度アップロードするだけですぐに簡単に直すことが出来るのす。



    このように運用性でもWEBのほうが優れているでしょう。
    では求人媒体として、紙よりもWEBのほうが優れていると言い切れるのでしょうか?それは場合によるでしょう。


    WEBはインターネットを前提としているため、インターネットを閲覧し人には全く届かないためです。

    ターゲットにより使い分けることが大切です。